喜佐人(きさと)公式WEBサイト
   新曲について
   熟年アーティスト・喜佐人が放つ感動の新曲 第3弾!!
1、娘へ・・・(歌・喜佐人)
作詞 幸 加歩   作曲・編曲 岩上 峰山
2、おまえの笑顔が宝もの(歌・喜佐人)
作詞 幸 加歩   作曲・編曲 岩上 峰山
3、娘へ・・・(オリジナル・カラオケ)
4、おまえの笑顔が宝もの(オリジナル・カラオケ)

制作・発売元:MJM(メディアジャパンミュージック株式会社)


平成26年7月4日 全国発売
全国百貨店、レコード店、ネット通販でお求めください。

●平成26年9月 通信カラオケ・DAMとJOYSOUNDへ配信決定!!

新曲「娘へ・・・」のコンセプトは 父から娘へ贈る言葉です

 「山よりも高く、海より深い親の愛」とは、元来、母性愛の崇高なことを例えて語ったものだと思われます。しかし、私(喜佐人)の今の心境は、父性愛も、わが身を投じてでも、わが子の命を救いたいという深い愛を懐いているものであり、母性愛と同等の親の愛だと信じています。
 娘を思う、父の愛情・・・。私の嫁いでいった二人の娘にも、そのいつも変わらぬ父親の実感を歌い上げたのがこの新曲「娘へ・・・」です。バラード系の語り調の歌です。その言葉(歌詞)は、娘を育てたすべての父親の胸中にある思いと同じであると確信しています。
 不器用な父親だけれど、娘の幼い頃の思い出を語ることから始まる歌です。素直な優しい父親の心情を伝える歌です。
 この父性愛の歌は、すべての世の男親が巣立った娘へ贈る、真実の父性愛の言葉であると思います。どうぞ、この歌「娘へ・・・」を何回も繰り返し聴いてみてください。
 幸 加歩(さち かほ)先生の作詞、岩上峰上先生の作曲・編曲、喜佐人の歌の三者三様のモチベーションが三位一体となってかもし出す、新曲「娘へ・・・」の共通の感性が、聴いてくださる皆様の心に必ず届くことを願い、祈っております。
 こよなく娘を思う優しい父親の愛を、あなたも心をこめて歌い上げてください。
 平成26年7月4日 喜佐人

妻の笑顔が、家族と夫婦円満の宝もの!! 

  新曲「おまえの笑顔が宝もの」は、夫婦の労わりあう、ほのぼのとした日常の生活実態をテーマとしたバラード系の歌謡曲です。曲想は2007年にリリースした私の夫婦もの歌謡曲「ありがとうを おまえに!」の続編シリーズです。
 人間関係を良くするためには、「笑顔」と「ありがとう」の言葉、この二つが最も大切なものと思います。特に私の妻の笑顔は、太陽みたいに暖かく、心が和み、何ものにも替え難い宝ものです。いつも、妻が笑顔でいてくれると、家に帰るのが楽しくなります。反対に、いつも家に怒った怖い顔の妻がいたら、誰も家に帰るのがイヤになることでしょう。
 余談ですが、皆さんはご承知のとおり、わが国の赤ちゃんの出生数は年々低下し、日本の人口減少が加速しています。これらを解決するには、家庭・夫婦円満が第一の秘策かと思います。そしてその根源が「若い妻の笑顔」であり、国の政策として若い妻の笑顔になれるいろいろな課題(例えば出産助成、育児所完備、児童保育手当・・・etc.)を検討して欲しいと思います。
 家庭も国も栄えるのは、妻の笑顔から!! まずはこの名曲「おまえの笑顔が宝もの」を、奥さんに向かって目を見つめて、更に奥さんの顔を指差して、心から歌い上げてみてください。きっと、笑顔になりますよ。お互いに・・・。
平成26年7月4日 喜佐人
ホーム / 新曲情報 / 作品紹介 / 出演情報 / プロフィール / リンク&お問い合わせ
Copyright(C) 2014 喜佐人 All Rights Reserved.